Ukiki

*ー 札幌絵日記 ー*

2014年6月29日(日)

模様替え

米沢

程よく暑い、いい初夏です。このまますー・・・と秋を迎えて欲しいものです。

うちのマンションは北海道だというのに、窓枠がアルミ!(窓ガラス自体はペアガラスぽいのに…)なので、冬は窓枠だけが恐ろしく結露します。
拭いても拭いても追いつかない。そろそろ引っ越したほうがいいのかな…と思っていたところ、マンション側で全室二重窓にしてくれるとのお知らせが♪なんということでしょう。

その事前点検ということで、やって来た業者のひとりが「相棒」の米沢鑑識官に似ていた。。ひとりが大方作業し、米沢くんはかなり後から来たので、「鑑識は真っ先に来なきゃダメじゃないか…」と心のなかで楽しむ。

部屋の隅

その事前調査のために自分の机の向きを変えたところ、かなり快適に…。なぜ今までこの形に気が付かなかったのか。
変形した部屋のために、こんな不思議な狭い空間があり。ここにすっぽり収まって座っていると、とても落ち着きます。

部屋の隅

さらに、今まで利用していなかったwi-fiによって、パソコンを自分の机にもってこれた♪
汚れていた白いキーボードも食器用洗剤を薄めて綿棒でお掃除したら、びっくりするくらいキレイに。

パソコンでCD聴きながら作業出来るし、調べたいことはすぐ調べられるし。いろいろやる気が出てきた♪

2014年6月8日(日)

シャーロック3 完。

シリーズ3、全話終わりました。。
シャーロック悪いヤツー。結婚詐欺とか殺人とか。は…犯罪ぢゃないか。ジョンとの出会いで、少しずつ人間らしくなってきたかな…と思いきや、その大切な人たちを守るためにさらに過激なことをするようになってる。

シリーズ3全体を見ると、これまでに比べて、分かりづらかったです。未だに「あれ、どういうこと?」というのが多々あるので、見直さないと。それと、映像は派手目なんだけど、事件を推理、解決していくことに時間が割かれていないのが寂しい。やはりあの二人の間にメアリーはいらんのではないかと。

また、縁故関係たくさん出ていたようですね。これまでをメモしとこ。

  • シリーズ1 ベネさんの元彼女(髪飾りをもらった銀行の女性)
  • シリーズ2 ゲイティスさんの彼氏(裁判所の検事だったか弁護士)
  • シリーズ3 マーティンさんのパートナー(ジョンの妻メアリー)
  • シリーズ3 ベネさんのご両親(シャーロックの両親)
  • シリーズ3 モファットさんの息子(チビシャーロック)

幸せそうなお二人さん。現実でもパートナーの二人。なんか似てる。一緒にいると似てくるんですよね。。しかし昨日のエピソード3では、、、ジョンかわいそうだ。

sherlockologyカレンダー6月

【6月アナグラム答え】
簡単 JOHN AND MARY WATSON
難し ST MARY MAGDALENE CHURCH(と思うのだが、エラーになる。バグでしょうか)

2014年6月6日(金)

BORDER 最終回

BORDER最終回。怖かった!
ラストで石川の肩にポンとごつい手が!不気味にでかく見えたなぁ。(大森さん、手がずんぐり)それにしてもあんな終わり方とは。全く想像してませんでした。どちらかというと、最終回の一つ前の展開を想像してた。連ドラであんな悪い終わり方って珍しい。すごく印象的な作り方に感心しつつ、モヤモヤを引きずる。

石川が死者が見えることで、事件を解決していくドラマかと思っていたけど、違ってた。死者の辛さをどんどん自分の中に貯めこんで、病んでいき、最後にはボ ーダーを超えてしまったよ。あんなにいい仲間がいたのにな。ひとりで抱えてしまってた。

しかしねぇ…肩ポン出来たということは、石川も死んでいたのか、夢を見ていたのか。石川のその後を知りたいので、ぜひ続編を作って欲しい。このままでは、石川かわいそすぎます。。

2014年6月1日(日)

スパイダーマン2

3Dメガネの跡

スパイダーマン2観ました。前売りの1,300円で観られると思ったら、チケット売り場で「お一人様1,000円追加になります。」て。「へっ?」
観ようとした回がIMAXの3Dだったのです。。高。3Dは気持ち悪くなるので、避けていたのに…しまった。

平日の3時半頃だったので、大きな空間に6人くらいしかいない。作品の方はおもしろかったです♪映像も展開もど派手な感じで、お腹いっぱい。おめめパッチリなグウェン、好きだったのに…残念です。てことは…次はMJかぁ。どんな人がやるんだろう。続編は3,4と決まっているようで楽しみですが、ピーターがどんどんオジサンにならないか心配です。
映画の後、トイレに行くと3Dメガネの後が鼻の上にくっきり。家に帰るまで消えませんでした。

ところで、SHERLOCK3始まりました。ジョンとシャーロックの再会のシーンはおかしかった。。結局のところ、飛び降りのトリックは、エアマットがあって…。ファンがいろいろ仮説を立てていましたが(アンダーソンのように)、意外と普通だった?

「空の霊柩車」も「三の兆候」も全体的にコメディチックでバタバタ感がありますね。昔観たイギリス映画のように、時間が行ったり来たり、現実と空想が行ったり来たり。ちょっとわかりづらい感があります。
監督が変わったから?台本のせい?個人的には本格的ミステリーで魅せて欲しいのですがね。シャーロックだって、ずいぶん社交的になってしまって。。最後のエピソードに期待しよ。

もどる すすむ
上へ