Ukiki

*ー 札幌絵日記 ー*

色鉛筆やパステルには、どうも惹かれるようで・・・。集めだすと、手元にないものが気になってしまいます。画材屋さん、危険です。
絵はほぼ、それぞれの色鉛筆を使って描きました。(LYRAは芯の部分のみ)

UNI (pericia)

ユニ ペリシア

油性色鉛筆
芯がとてもやわらかく、軽い塗り心地。イーグルカラーよりも柔らかい感じです。ただ、色数が少ないのと、お値段が高いのがちょっと。

Berol (EAGLE COLOR)

ベロール イーグルカラー

油性色鉛筆
芯が太くやわらかめで、しっかり塗れます。細かな部分を描くには、ちょっと柔らかすぎるかも。グレイカラーが豊富で、
WARM GREY 10%~90%
COOL GREY 10%~90%
FRENCH GREY 10%~90%
27種類のグレイがあります。10%違いでは、たいして変わらないのですが結局全部集めてしまいました。
ちなみに、今はプリズマカラーと名前が変わったそうです。

Faber Castel(Polychromos)

ファーバーカステル ポリクロモス

油性色鉛筆
やはり、ファーバーカステル。粒子が細かく、滑らかな描き心地。イーグルカラーよりは硬く、色辞典より柔らかい感じです。
このページの色鉛筆たちを描いていて、一番描き心地が良かったのが、このポリクロモスでした。

TOMBOW(色辞典)

トンボ色辞典

油性色鉛筆
色鉛筆集めのきかっけとなった、色鉛筆です。中間色がとてもきれいで第1集にひとめぼれ。それから第2集、第3集と、出るたびに即買いました。

色だけではなくて、日本語の名前も魅力のひとつです。「柳葉色」「麦藁色」「忘れな草色」・・・などなど。ちなみにこちらは、「天色」。

少々硬めで、サラサラとした描きごこち。細かな部分を描くときには、重宝します。あと、ボディが白い色鉛筆というのは珍しくて、インテリアになりそうなくらい、見た目もよいです。
もう出ないようですが、画材屋さんに行くと、「第4集出てないかな・・・」と、つい探してしまいます。

LYLA SKIN TONE12

リラ スキントーン12

油性色鉛筆
世界の肌色を集めた、珍しい色鉛筆。極太です。
・AFRICAN CENTRAL
・EGYPTIAN NORTH AFRICAN
・MALAYSIAN FAR EAST
・PAKISTAN
・INDIAN ASIA NORTH
・INDIAN SOUTH
・GREEK MEDITERRANIEN
・SPANISH
・AMERICAN INDIAN
・CAUCASIAN(白人)
・MAINLAND CHINESE
・CHINESE ORIENTAL(わたしたち)

英語で書かれているので、よくわかりませんが(--;白人は1色で、有色人種は11色も。。。褐色の肌にもこんなにバリエーションがあったのね、 とちょっと感動します。

もどる すすむ
上へ